様々な原因があるうつ病、原因をつくらないようにしよう

顎を付く男性

医師と一緒に克服

うつ病を見つめる治療

うつ病は、精神的に追い詰められて発症する病気でもあり、治療を行うことが大変難しいとされています。医師は、患者一人一人の症状を無理のない範囲で聞き出して細かい治療方針を決めていきます。 以前は、精神病であるうつ病の治療には精神安定剤などの薬を処方するのが一般的でしたが、現在は変化してきています。薬を飲む人が、薬が効き過ぎてさらにうつ病の病気を悪化させることが懸念されています。 うつ病患者は、薬の量を医師に相談して日々の生活を過ごしています。治療が難しい病気を持つ人は、自分の症状を日々考えながら薬の量を調節して生活をするよう努力しています。医師は、患者が現在どのような症状にあるか見つめる治療をするよう努力しています。

医師と患者の共同作業

うつ病と診断される人たちが、最初に訪れるのは精神科や心療内科です。精神を病んでしまった人たちは、日々の生活が心配でたまらなくなります。毎日、不安を抱えながら生きている人たちは、心に大きなストレスを抱えます。精神科や心療内科を訪れる人たちは、心の治療を求めています。 専門的に治療を行ってくれることを期待している人たちは、最後の望みをかけて病院を訪れます。医師は、患者に適した治療を提案しますが最初はどのような反応を示すか疑心暗鬼なところがあります。医師の望みは患者が毎日の生活を少しでも快適に過ごせるようにすることです。 うつ病は治療を患者と医師の共同で行っていくことに意味があります。お互いの信頼関係が最も重要です。

Menu